スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沢山の御アクセスありがとうございました

SCF.


連日SASUKEについて書き連ねた結果、
昨日のアクセス数が通常の5倍になりました。

この場にかえて感謝を。
ありがとうございました。


以上、紳士がお送りしました。
ちぇりお!
スポンサーサイト

SASUKE 2010春 3RD感想 その2 【長文注意】

・新エリアその4 アルティメットクリフハンガー
長い、高い、遠い。
まさに「究極」の名を恣にするエリア。
挑戦した4人全員がここで脱落。
2本目から3本目の段差がかなり高く、誰一人ここを越えることはできなかった。
誰もが「人間にはクリアできない」と思っただろうといっても過言ではなかろう。
しかしテスターがしっかりクリアしているので設計上は問題ないだろう。
Uクリフテスター
ただテスターは1人につき1つのエリアしかデモンストレーションしないので、
3RDをすべてクリアするのはテスターには困難だろう。

さて、
ここまで貼った2つの画像を見比べていただきたい。
Uクリフ橋本
Uクリフテスター
テスターはこの画像では腕こそ伸ばしていないが、しっかり届いている。
反対に橋本さんは腕を伸ばしても届かず落下してしまった。
同じようにリーさんも手が届かず落下。
ここで注目して欲しいのは画像における2人の左手の位置だ。
Uクリフ比較
こうしてみれば何故橋本さんやリーさんが届かなかったのか一目瞭然だ。
そう、きっちりと端まで行かなければ届かないのである。
しかし端まで行くためにはそれだけ握力腕力を消費してしまう。
この長期戦となるUクリフハンガーでは少しでも消費を抑えたいだろう。
端まで行こうとすれば対岸は遠くなりそれだけ体力を消費する。
にもかかわらず端まで行かなければ届かない。
このあたりの駆け引きがこのエリアのミソとなるだろう。


・名を明かされぬ新エリア。
ジャンピングバー+グライディングリングのようなエリアはリングが正面を向いてくれなければ掴みにくいだろうが、
こと勢いを付けることに関してはグライディングリング同様問題ないだろう。

3本のゴムつきロープは特に問題はないかと。

そして最終エリア、
ジャンピングバー+パイプスライダーのようなエリアが立ちはだかる。
果たしてこの難所続きを攻略する者は現れるのだろうか?
それは今このブログを見ている貴方かもしれない…。


SASUKEはこれほどの進化を遂げた。
人類が追いつくのは、そう遠くはないはずだ。
第3期に登場した新クリフハンガーも、
当時は最高難度のエリアだったが、
2年経てば殆どの選手があっさりクリアしてしまうようになった。
「全力を尽くして、諦めずに頑張れば、できないことは何もない。」とかつてケイン・コスギが言ったように、
再びあの頂を目指して頑張って欲しいと思った。


以上、紳士がお送りしました。
ちぇりお!

SASUKE 2010春 3RD感想 その1 【長文注意】

SCF.

とうとう3RD STAGEに到達。
そしてなんと全面リニューアル。
2NDまでがそれほど難しくないように見えたのはすべて複線だったのだろう。
白いカーテンで隠されたエリア、アルティメットクリフハンガーがお披露目になった時、会場に衝撃が走る。
こんなのが人間にできるのか。
Uクリフ橋本
これらについては後述する。

・新エリアその1 ルーレットシリンダー
かつてのランブリングダイスを髣髴とさせるような手動回転エリア。
縦に掴むのでより強い握力が要求されるだろう。

・新エリアその2 ドアノブグラスパー
このエリアに関してはハッキリ言いわせて頂く。
これいらん。
ネーミングセンスも見た目もこれまでのSASUKEにないくらいのダサさ。
肝心なドアノブもわずか4つ。
おまけにドアノブはギシギシ五月蝿い。
こんなのを作るくらいならルーレットシリンダーを延長して欲しかった。
唯一このエリアで脱落したブライアンさん。
彼にはドアノブが小さすぎたように思えた。
前回のロープジャンクションも失敗だったと思うのに今回はそれをも凌駕する酷さだった。

・新エリアその3 フローティングボード
これも今までにないエリア。
ここを以下に早く攻略するかが後続のエリアに影響を与える。
各選手が裸足で競技を行うのはこのエリアがあるため。
選手によってはかなり時間がかかるため見ていてかなりハラハラさせられる。
リーさんがクリアした際、「わずか30秒足らずで」とナレーションが入った。
これまでの3RDから考えて、30秒が「わずか」と言われるのは衝撃的だった。



※記事の都合上ここからかなり長くなるので記事を分けます。

SASUKE 2010春 2ND感想 【長文注意】

SCF.

今回の新エリアは2つ。
以降は変更なし。
やはり大きく様変わりした第3期とは違って穏やかな様子。

・新エリアその1 スライダードロップ
脱落したのはリーヴァイさん一人。
スピードを犠牲にすればそれほど難しくないだろう。

・新エリアその2 ダブルサーモンラダー
文字通り進化したサーモンラダー。
簡単に言えばかつてのサーモンラダーを2回行う。
一つ目のサーモンラダーの頂上に到達したら180゜反転、2つ目のサーモンラダーにバーごと平行移動。
段数も増え難易度は急上昇。
しかし脱落者は2名と選手のレベルの向上を感じた。
漆原さんは平行移動の際正面ではなく一つ上の段を狙うも失敗。
バーが脱線し、バーのストッパーがエリアの突起に引っかかり完全な宙吊り状態という衝撃的な脱落となった。

クリアした5人のうち4人は前回のファイナリスト。
そして史上初の2NDでオールスターズ全滅。
完全に世代交代の流れが進んでいる気がする。
とは言え、最速タイムを叩き出した高橋さんは古参の選手。そして奥山さんは39歳。
この二人はどちらかといえば遅咲きと言えるのではないか。


2NDは手短に済ませました。
3RDはもっとみっちり書けたらなと。


コメ返
>ぽて公
Uクリフ考察も含めて次の記事を待ってくれ。



以上、紳士がお送りしました。
ちぇりお!

SASUKE 2010春 1ST感想 【長文注意】

SCF.

少しずつ小分けにして書いていきます。


エリア全体を見て、第3期開始時ほどの難易度は見られないと思った。
これはかなりの人数がクリアできると思った。

競技順は抽選によって決められることに。(完全制覇者を除く)
第3期には1200m走を行い完走者から好きなゼッケンを選べるシステム。おそらくこれでスタミナを消費した選手もいただろう。

しかしキリのいい数字には前回ファイナリストなどの実力者がそろった。
これはおそらくだが、実力者用にクジを別にしていたのだと思う。

ひとつ苦言を呈するが、
秋山さんのゼッケンを98にしたのはいただけない。
今まで弱視を考慮して早い順番でスタートしていたのだから今回もそうすべきではなかったか。

1ST STAGEには、2つの新エリアと3つの復活エリアが。
・新エリアその1 ドームステップス
かつての六段跳びの進化エリア。
足場が楕円形になっているが、それほど難易度は上がっていないだろう。
前回までの十二段跳びの方が角度が不規則で跳躍数も多いため、難易度ではこちらの方が上だろう。
・新エリアその2 ブリッジジャンプ
これはバランスエリアと定義できるのだろうか?
だとしてもスピードがあれば楽にクリアできるため次回でまた別のエリアに変わるだろう。
ことロープを掴む動きに関してはハーフパイプアタックの方が難易が高いと思う。


・復活エリアその1 ローリング丸太
第3回に登場し、これまで多くの挑戦者を飲み込んできた。
第13~17回までは三段ローリング丸太となっていたが、
今回は伝統の直線型で復活。
やはり多くの挑戦者を飲み込んでいく中、田島さんの腕だけで回り切る怪力技が印象的だった。

・復活エリアその2 ジャンプハング
第2期の開始となる第5回で初登場。
当時はあまりの難易度の高さに100人全滅かと囁かれたほど。
オールスターズも白鳥さん以外がここで脱落の経験がある。
そしてその難易度は健在で今回も多くの挑戦者を飲み込んだ。
個人的にはジャンピングスパイダーよりこちらの方が好きなので復活は嬉しかった。

・復活エリアその3 サークルスライダー
第17回のみ登場した跳躍系エリア。
同じ跳躍系エリアでもジャンプハングのようには行かない。
トランポリンとロイター板では使い方が大幅に違う。
その上このエリアはつかめる場所が1箇所のみ。
さらにいえば、1度しか登場しておらず、このエリアに関しては誰もが経験が浅いため、
長野さんなどの実力者が脱落することもあった。
身長が低いと若干不利になるのもこのエリアの特徴。


そして忘れてはいけないのが、
マットの色が緑色になったこと。
黒や赤より初期からの緑の方がやはり好きだ。


さて、エリア一つ一つを見る限り、ステージ自体の難易度はそれほど高くないように思われた。
だがしかし、ローリング丸太で三半規管を揺さぶられた後でのジャンプハング、
そり立つ壁で脚力を痛めつけられた後でのサークルスライダーなど、
配置の面でうまく難易度は調整されていたように思う。

そしてクリアした11人、
全員が1STクリア経験のある選手だった。
新勢力が活躍できなかったのは少し残念、次回に期待する。

ピックアップ
・リーヴァイ・ミューエンバーグさん
これまでとは違い要所要所でのパフォーマンスはなかった。
過去に1ST脱落経験があり、また大幅リニューアルで自身の未経験エリアが多くあったため慎重になったのだろう。

・奥山義行さん
39歳という年齢で1STをクリアし、会場は盛り上がるものの、
本人は納得いかないような表情だった。
まだまだこんなものではないのだと、2ND以降の期待が高まった。


以上が1ST STAGEの感想。というより考察?
まあいいや。では2NDまでしばしお待ちを。



コメ返
>ぽて公
まず見ていない時点でおかしい。
でも僕優しいから つhttp://blog-imgs-37-origin.fc2.com/i/c/h/ichisureichi/577980.jpg


以上、紳士がお送りしました。
ちぇりお!

SASUKE 2010春

SCF.


1ST STAGE
ドームステップス
ローリング丸太
ジャンプハング
ブリッジジャンプ
ロッググリップ
そり立つ壁
サークルスライダー
ターザンロープ
ロープラダー
☆11人クリア

2ND STAGE
スライダードロップ
ダブルサーモンラダー
アンステーブルブリッジ
バランスタンク
メタルスピン
ウォールリフティング
☆5人クリア

3RD STAGE
ルーレットシリンダー
ドアノブグラスパー
フローティングボード
アルティメットクリフハンガー
?????
?????
?????
☆クリア者なし

FINAL STAGE
secret



各ステージ毎の感想は後日改めて書きます。

代わりに他のことを。

前回ファイナリスト、今回3RD進出の橋本さんが島根出身であることは前回から知っていました。
今回VTRで浜田市にある橋本さんのご実家が放送されました。

超絶地元なんですけど!
もし橋本さんが実家住まいだったら、
勤務先のジムが市内に!?
と思い、電話帳でお父さんの名前で調べてみたら、
ご実家が出身中学の校区内、俺の先輩である可能性が超絶高い。


よし、ファンレターを書こう!


以上、紳士がお送りしました。
ちぇりお!

SASUKE今夜放送!

SCF.

ついにこの日がやってきた!

新聞でラテ欄確認して思ったこと。


前回ゴム足袋を着用して完全制覇した漆原さんにクレームがあったらしい。

履いた靴のことでクレームを付けるのは間違っているのではないか。
どのようなスポーツでもそのスポーツ専用の靴がある。
特に陸上では種目に応じてさまざまな靴がある。スパイクなんかがそうだ。
最大限のパフォーマンスができるようにこれらの靴がある。
各選手はルールで定められた規格をクリアしたものを着用している。
SASUKEにおいてゴム足袋の着用は禁止されていなかった。
つまりルール上は何の問題もないのである。
極端な話このようなクレームは100m走でスパイクを着用しなかった選手が着用して選手に対してクレームを付けたようなものだ。
これは必要最低限の下準備なのである。


SASUKEも世界各国に広がり1つのスポーツとして確立しつつある。
出場者及び選手はもっと理解を深めるべきだと思う。


さて、あと6時間だ。


以上、紳士がお送りしました。
ちぇりお!

あと3日!

SCF.

放送日が迫ってきた!
CMも出始めて、わかったことは、

・1stが赤から緑へ
第2期前半までの懐かしの緑セット!
やっぱりSASUKEは緑じゃないとね。

・ジャンプハング復活
正直スパイダーよりこっちのが好きだったから嬉しいところ。

・サーモンラダー、クリフハンガー、ジャンピングバーが強化
これはCMの時点で唖然とせざるを得ない。
特にクリフハンガー、あれ誰がクリアできるんだって話。


他にも新エリアなど見所は山のようにあるであろう。
ああ、日曜日が待ち遠しい!



以上、紳士がお送りしました。
ちぇりお!

SASUKEは月末放送

SCF.

放送日が近づくと日々のトレーニングのモチベーションがあがるってもんだ。
とりあえず今日は上半身をとことんいじめ抜いた。
まあ腹筋も鍛えなきゃいかんのだが。


さて、1stSTAGEがどれほどの難易度になるのか。
正直想像できない。
とりあえず怪我人が出なければいいね。


以上、紳士がお送りしました。
ちぇりお!
プロフィール

魅琴(みこと)

Author:魅琴(みこと)
肉体の涅槃へいざ南無三。

ランキング
参加中。クリックよろ。
カウンタ
最近のコメント
最近の記事
リンク
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。