スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SASUKE 2010春 3RD感想 その1 【長文注意】

SCF.

とうとう3RD STAGEに到達。
そしてなんと全面リニューアル。
2NDまでがそれほど難しくないように見えたのはすべて複線だったのだろう。
白いカーテンで隠されたエリア、アルティメットクリフハンガーがお披露目になった時、会場に衝撃が走る。
こんなのが人間にできるのか。
Uクリフ橋本
これらについては後述する。

・新エリアその1 ルーレットシリンダー
かつてのランブリングダイスを髣髴とさせるような手動回転エリア。
縦に掴むのでより強い握力が要求されるだろう。

・新エリアその2 ドアノブグラスパー
このエリアに関してはハッキリ言いわせて頂く。
これいらん。
ネーミングセンスも見た目もこれまでのSASUKEにないくらいのダサさ。
肝心なドアノブもわずか4つ。
おまけにドアノブはギシギシ五月蝿い。
こんなのを作るくらいならルーレットシリンダーを延長して欲しかった。
唯一このエリアで脱落したブライアンさん。
彼にはドアノブが小さすぎたように思えた。
前回のロープジャンクションも失敗だったと思うのに今回はそれをも凌駕する酷さだった。

・新エリアその3 フローティングボード
これも今までにないエリア。
ここを以下に早く攻略するかが後続のエリアに影響を与える。
各選手が裸足で競技を行うのはこのエリアがあるため。
選手によってはかなり時間がかかるため見ていてかなりハラハラさせられる。
リーさんがクリアした際、「わずか30秒足らずで」とナレーションが入った。
これまでの3RDから考えて、30秒が「わずか」と言われるのは衝撃的だった。



※記事の都合上ここからかなり長くなるので記事を分けます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魅琴(みこと)

Author:魅琴(みこと)
肉体の涅槃へいざ南無三。

ランキング
参加中。クリックよろ。
カウンタ
最近のコメント
最近の記事
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。